私達が皆様へご提供できること

04私たちは、全ての人の可能性を最も大切にしています。この世の全ての人が自らの可能性を生かして夢を追求していけるように、ファイナンシャルプランニングによって応援します。

ファイナンシャルプランニングとは、一言で言えばやりたいことを実現させるために収入と支出のバランスを整えることです。それには一人の時間枠を超えて前の世代からや次の世代への相続が重要になります。また、住宅ローンや保険という大きな買い物をする時も大変重要なポイントです。そして、ひとり一人ライフプランによって異なります。

私たちは、相続・住宅ローン・保険の専門家として、資産運用・年金・税務などのコンサルティングを取り入れながら常にお客様の身になって考え行動することで経済的な安心を提供し、お客様の可能性と「夢」の追求を応援します。

株式会社 プロビデンス 代表取締役 山田 国人

ご相談の流れ

ご相談の流れ
まずは、お問い合わせフォーム、お電話、FAXにてお申込みください。(ご相談料につきましてはこちらをご確認下さい。)
STEP1 / 個別面談
  1. まずは当社担当FPよりアポイントの確認をさせていただきます。
  2. 生活設計・夢や希望など共有いたします。(ライフプラン全般について)
  3. 資産運用・ローン・保険商品などの仕組みを簡単にご説明いたします。
  4. お客様のニーズの確認、FPとしての視点から潜在的なニーズの確認を行います。
  5. 問題点の把握、解決に向けての方向性の確認を行います。
STEP2 / コンサルティング
  1. 具体的な提案を受けたい、と希望されるお客様に対し解決策をご提案させていただきます。
  2. 潜在的なニーズに対しても合わせて解決策をご提案いたします。
  3. お客様の立場に立って行動するFPとして、お客様に最適な金融商品をご提案いたします。
STEP3 / 契約手続き
  1. ご納得いただいた金融商品についてはご希望のお客様につきましてはご契約のお手伝いを行わせていただきます。
  2. ご希望に沿わない場合はもちろんお断りしていただいて結構です。
STEP4 / アフターメンテナンス
  1. ともに人生を歩んでいくお金のホームドクターとして一生涯お手伝いさせていただきます。
  2. ライフステージごと(結婚・出産・マイホーム・定年など)に資産運用・住宅ローン・保険メンテナンス等行わせていただきます。
  3. 弊社主催のセミナーや勉強会などにもご参加いただけます。
  4. 保険金請求・住所変更などの事務手続きも弊社にお任せ下さい。

⑤遺産分割における生命保険の特徴

 相続と生命保険は切っても切れない関係にあります。相続は人が亡くなった時に遺族に財産が移転することですし、生命保険は人が亡くなった時に現金となって現れるということからしても当たり前ですが、相続税法と民法という法律から見た場合の生命保険の特徴を今回はお伝えしたいと思います。
 まず、相続税法では死亡保険金は「みなし相続財産」として扱われます。本来相続財産ではないのですが、相続税の計算上、相続財産に含めますということです。「みなし相続財産」にはその他、勤務先の会社からの死亡退職金などがあります。では、死亡保険金が全額相続財産に含められるかというとそうではありません。非課税枠があり、500万円×法定相続人の数 は除かれます。法定相続人が3人だとすると死亡保険金1,500万円までは非課税になるわけです。現金で1,500万円残すより保険金として遺族に残した方が相続税法上は有利になります。
 では次に民法上ですが、前述のとおり死亡保険金は相続財産ではありません。小難しく言うと「死亡保険金=受取人固有の財産」です(最高裁昭和20年判例)。つまり、現金や不動産などの資産で残すと、遺言が無い場合は相続人間で遺産分割協議をして誰がいくら受け取るか決めなければいけないわけですが、死亡保険金はその必要はありません。保険金の受取人は誰からも邪魔されることなく受け取ることができるということです。また、相続放棄をしていても、死亡保険金は受け取ることができます。
 生命保険の持つ特徴をお伝えしましたが、次回はこの特徴を生かして円満な相続に導くための方法をいくつかご紹介したいと思います。