③法定相続割合と遺産分割

 前回は、法定相続人とは誰かをお知らせしました。今回は、その人たちの法律上の相続割合についてのお話です。といっても、法律でこの通り遺産を分けなくてはいけないと決まっているわけではなく、遺産はどのように分けても、それは相続される人(被相続人)と相続人の自由です。
 では、なぜ法律で相続割合を決めているのかと言うと理由は二つあります。ひとつは、相続税の計算上必要だからです。そしてもう一つは、被相続人の遺言が無い場合に、遺産を相続する民法上の権利を明確にするということです。相続人は、遺産の総額のうち自分の法定相続割合に相当する財産を相続する権利があるのです。これは、一回目でも書きましたが、子が相続する場合に長男だからとか、嫁に出たからとかは関係ありません。                     
ここが難しいところで、完全にこの法定相続割合通りに遺産を分割できるのは遺産が全て現金であるなど、現実にはありえない場合です。実際は分割できない財産(例えば家や土地)がほとんどという方が多いでしょうから、各自が自分の取り分を主張したら財産を全部換金しなければならなくなります。一般的にはそうはならず、相続人間の話し合いで決まります。これが、遺産の分割協議です。                              
相続人全員の納得する遺産分割協議が整えば、遺産分割協議書を作成し全員が捺印して印鑑証明を添付します。これがないと亡くなった方の口座の名義変更や不動産の移転登記などができないのに加えて、相続税の掛かる方の場合には軽減措置が受けられないなど、かなりのデメリットがあります。

コメントを残す