②相続人はだれか

 前回、相続とは「ある人が亡くなった時、その瞬間にその者の遺産は当然に相続人に帰属する」ことであるとお伝えしました。では、この相続人とは誰なのかが今回のテーマです。本来遺産は誰に分けても自由なのですが、故人が遺言などで意思を示していない場合に、民法では財産を相続する人を指定しています。この人を法定相続人と言います。
 まず、独身の場合は、第一順位が子、第二順位が直系尊属(親・祖父母・曾祖父母のうち一番近い人)、第三順位が兄弟姉妹です。第一順位の子と第三順位の兄弟姉妹には代襲相続人が認められていて、被相続人(故人)より先に亡くなっている時は、子供(被相続人の孫や甥姪)がいれば相続人になります。
 優先順位の血族がいれば後の順位の人は相続人にはなりません。同じ順位の人が複数人いる場合は全員相続人になります。子供には養子も含まれます。胎児も含まれます。また、婚姻外の子供も認知をしていれば相続人です。
 次に既婚者ですが、配偶者は必ず相続人になります。そして上記の第一順位、第二順位、第三順位の人がいれば、配偶者と共に上位の順位の人が共同相続人になります。例えば、お子さんがいらっしゃらなくてご両親も既に他界されている方が亡くなった場合、ご兄弟がいれば配偶者とご兄弟が相続人です。
 相続人が複数いるケースは、その全員で遺産分割協議をすることになります。自分は誰の相続人であり誰と遺産分割協議をするのか、またご自分の相続人は誰になるのか、家系図を書いてイメージしてみて下さい。
 そして、配偶者とは戸籍上の配偶者です。同居期間が長く夫婦同然の男女でも婚姻届を出していなければ法律上の相続人ではありませんので財産の相続権もありません。別のパターンで、長年連れ添ったご夫婦が離婚して、新しい相手と籍を入れた直後に亡くなった場合は前夫前妻ではなく死亡時点の配偶者が相続人になります。

コメントを残す